今年初めてWDのパプアキンイロを購入しました。

今までは200ccカップで羽化までいっていましたが、これもまた初めて、400ccカップで飼育していました。

国産カブトと同じ屋外の北側に置いていましたが、暑くなってきはじめたので床下に引っ越ししようと思いひさしぶりに確認したところ、カップの中にトビムシのような奴らが大量にいました。

もったいないけど仕方なくマット交換をするために幼虫を出してみてびっくり!!

やっぱり400ccで飼うとデカくなる。

嫁が出かけてるうちに済ますために急いでいたので写真はないけどヤバい。

デカい!!

羽化が楽しみになりました。

羽化してみると普通サイズだったりして(´д`)

スポンサーサイト

まもなくビコルニスの羽化ラッシュが始まります。

我が家の環境で、孵化から約4カ月半で蛹化。 5カ月半で羽化してきました。

へたくそな人工蛹室ですが、これからしばらく羽化が続きます。

05/05に追掛けし産卵セットに入れていたベルティペスですが、今日は割り出ししてみました。

色々なブログを見ていると、割り出ししない方がいいという意見もありますが‥…。

結果13卵getしました。

1つだけだめな奴がありましたが、膨らんでるもの産みたてみたいな細長いもの含めて13です。

1日平均1つ以上ですねo(^▽^)o

念のため割り出ししながら追掛けし、もう一度戦場に向かって貰いました。

今回はなんだかよさそう。

リコメデスは好きなのでベルティペス成功させたいです。

以前ヨツボシともう一種類ヒナカブトのブリードに失敗したので、敬遠していたのですが、ベルティペスのwildが入荷したので、思い切って購入しました。

4/5に我が家にやってきた二人は

すぐに結婚しました。

10分~15分で式は済み、夫は単身赴任、妻は産卵セットに行きました。

ここで、飼育まとめをしておきます。

☆産卵セット☆

・マットは全体にフンワリ詰め。

・水分多めの無添加または低添加マット使用

・ミズゴケをマット上に乗せます。

・温度20-24度(生息地温度)

この方法でWILDやWF1での平均産卵数は70前後

WF3同士をブリードすると産卵数ゼロまたは孵化せず

全滅する場合がある。

プリンカップは乾燥しやすいのでNG

☆幼虫飼育☆

小型カブト全般に言えるが(特にヒナカブト系)初令は無添加マット。

二令、三令になった頃に低添加マットに入れてやると大きくなる。

マットに入っている菌糸カス等ヒナカブトは弱いので無添加マットを使うのがいい。

とのこと。

もしこれからヒナカブトを始める方は参考にして下さい。

2016年12月中頃に孵化したビコルニスですが、今日確認したところようやく蛹化確認しました。

マットの上で(゚o゚;

初めはプリンカップに個別飼育していたんですが、さすがカブトムシだけあって食欲がすごいのですぐに糞だらけになる(;¬_¬)ということで、途中から過密気味ではありますが13頭ずつ位の多頭飼育にしてやりました。

そしたらやはりマット上で蛹化してる。

やめとけばよかった……。

慌てて小さいカップにティッシュを詰めて即席の人工蛹室に入れておきました。

他にも蛹室を作って蛹化してるのもあると思われる。

取り出した一頭を目安にしばらくしたら暴いてみようかなぁ?