ベルティペスビロードヒナカブト

インバブーラ産WF1幼虫が羽化しました。

オス、メスのペアの蛹になっていましたが、今日確認したところキレイに羽化していました。

2月末頃孵化の幼虫で、3月に購入しました。

03/07 2月孵化の初齢3頭到着

07/10    1頭蛹室作成

約4.5ヶ月で蛹室作成

07/18 一頭メス蛹化

08/14 メス羽化(蛹期間27日)

孵化から約5ヶ月半で羽化しました。

残りのオスが羽化するのが8/20過ぎになると思うので見守りたいと思います。

スポンサーサイト

この間ベルティペスの採卵結果を報告しましたが

実はー

3月にWF1幼虫を3頭購入していました。

約10年ぶりの日本再上陸ベルティペスビロードヒナカブトのWF1幼虫です。

産地はインバブーラでこの間採卵したものとは産地が違います。

1頭はあまり成長せずに★になりましたが、残りの2頭はすくすくと育ち、それがとうとう蛹化しました(^o^)

No.1 7/18頃蛹化

メス

No.2   7/29蛹化

オス

画像は見にくいですが

やったー!!

ヨカッター

2頭になって心配していましたが、なんとかペアになりました。

後はうまく羽化してくれるかですね(^_^)ノ

お願いします。

ベルティペスのペアが5月の頭に来て3ヶ月近くたちました。
平均採卵数は70前後と聞いていましたが

◎Ecuador Pichincha WILD
05/05 WILDペア到着メスのみ小ケースのセットIN

05/14 セット1採卵 10卵(5/27~孵化)
05/26 セット2採卵 09卵(6/04~孵化)
06/10 セット3採卵 15卵(6/20~孵化)
06/23 セット4採卵 09頭(6/29~孵化)
07/08 セット5採卵 10卵(7/14~孵化)
07/22 セット6採卵 05卵(7/31頃孵化)

という結果に。
2週間毎に採卵しましたが、大体が10卵くらいでした。
だめだったのも入れたら全部で61卵、孵化率は97%くらいですね。

無添加マットを使っているので、昔のブログの様に落ちやすいこともないですし、先輩ブリーダーさん達の努力の結果というのは間違いないです。

メスはまだ生きてますし、フセツの力もまだまだありますが産卵数も減ってきたのかもしれませんし、そろそろゆっくりして貰うことにします。

ヨツボシの大失敗から、ヒナカブトの苦手意識が付いたので今回も怖かったですが克服できたような気がします。
またいつかヨツボシリベンジもしてみたいし、マルガリータにも挑戦してみたいなぁ(´▽`)
我が家に5頭いたバラタスの幼虫。

2月末頃スペース確保のために繭玉を掘り出していたら割ってしまいました。
残り5頭は無事に蛹化し、先日自力ハッチもしてきましたが、その1頭はなかなか蛹化しません。

先日そのプリンカップの中がコバエだらけになっていたのでやむなくマットを交換しようとひっくり返すと…。
またやってしまいました。
二回目の繭玉作ってました。
もう一度作る体力も無いと思ったので、90ccのプリンカップにティッシュで簡易蛹室を作っていました。
一頭目の蛹化から遅れること2ヶ月半。
ようやく最後の蛹化をしました。

無事に蛹化して安心したのもありますが、繭玉内で蛹化する種類の蛹化途中を見れたのも珍しいと思うので載せておきました。

今年初めてWDのパプアキンイロを購入しました。

今までは200ccカップで羽化までいっていましたが、これもまた初めて、400ccカップで飼育していました。

国産カブトと同じ屋外の北側に置いていましたが、暑くなってきはじめたので床下に引っ越ししようと思いひさしぶりに確認したところ、カップの中にトビムシのような奴らが大量にいました。

もったいないけど仕方なくマット交換をするために幼虫を出してみてびっくり!!

やっぱり400ccで飼うとデカくなる。

嫁が出かけてるうちに済ますために急いでいたので写真はないけどヤバい。

デカい!!

羽化が楽しみになりました。

羽化してみると普通サイズだったりして(´д`)